古布の敷物2014/10/02 09:35

モスリンと木綿で作りました。
敷物はキルト綿を入れて作ることもありますが、綿(わた)を入れないほうが、物を置いたときに安定すると思うので、わたを入れずに作ることが多いです。

モスリンの巾着2014/09/09 22:27

モスリンの可愛い柄で作りました。

古布・金太郎のポーチ2013/09/23 01:10

珍しい金太郎の布を使って、ポーチを作りました。
大島や酒袋と組み合わせました。

ポーチがどうしてこんなにふっくらしているのかを聞かれることがあるのですが、それはもちろん沢山作ってきたので、手の加減があるとは思います。
それに加え、私なりの作り方があります。
接着キルト綿を使うことが多いのですが、表にも裏にも直接、接着させることはしません。表にべったりと貼ってしまうと、貴重な布がよじれたようになってしまったり、アイロンで接着剤が溶け布が硬くなったり、布の風合いがなくなり、そして次第に剥がれてきたりと、良い点がありません。ではどこに?それは秘密です。
そして、布を細かくつないで、見えないようにキルティングしています。
内袋は必ず付けています。内袋はあえて大きめに作っています。表に負担をかけないためです。
ポーチを作る際、要所要所で留めます。
簡単なものにはしたくないので、1日に1個のポーチしか作れません。

昭和のレトロな可愛い子供の着物地で作る場合は接着キルト綿を貼ることが多いです。でもこの作り方は好きではないので、なるべく直接貼らないようにしています。
娘はパッチワーク式なので、べったりと貼っていることが多いようです。
古布でなければそのほうが良いのかもしれません。
私は自己流なので好きなように考え作っています。アイロンもしっかりとかけています。

古布のペンケース 麻2013/05/26 22:55

オレンジ色のメリンスにアンティークの麻を組み合わせ、山道テープを付けました。

古布 通帳ケース2013/05/25 10:41

ウールモスリンで作った通帳ケースです。一般的なぺたんこポーチですが。
ファスナー付きで、手が入り、出し入れしやすいように作っています。
内ポケット付きですので、印鑑も入れられます。


こちらは綿モスリンです。


酒袋と大島のバッグ2012/03/21 13:58

酒袋と大島、戦前のメリンスを組み合わせました。
時代が感じられ、味のあるバッグになったと思います。





古布のポーチ2011/08/26 17:44

モスリンですが、柄を生かしてポーチにしました。

古布のポーチ2011/08/24 19:04

縞木綿とモスリンで作りました。
少し大きめのポーチです。

獅子のめがねポーチ2011/08/19 16:17

モスリンで作りました。