酒袋 長財布2020/05/25 13:01

久しぶりに酒袋を使いました。

娘が「だいぶ前にドラマを見ていたら、うちの防空頭巾が見事に再現されてたんだけど~、あの時代にこういう防空頭巾はないはずだよね。ああいうのって断り無しなわけ?」と言っていたのですが、気のせいではないかと。
「ブログに色々と作品を載せてきたけれど、真似していいですかと聞いてくれた人はたったの1人だった。あとは・・・。これからは黙っていないことにした。
出版社も酷かった。
取材に来る前から、ページ数もコマ割りもされてて、ここの画像を勝手に貼り付けられて、原稿がほぼ出来上がった状態で来たんだよね。同じ作品があるとでも思ってたみたい。ライターは下手な文章でデタラメばかり書いて、架空の人物像にされてるし、カメラマンはカメラを庭石に落として、カメラが壊れたことを気にしていたけど、カメラより庭石のほうが高いの。
その後に、原稿をチェックしてと言われたから、見たら間違いだらけで、30箇所以上訂正したいと言ったのに、期限が間に合わないとか何とかで・・・・もう取材は断ったよ。なんのメリットもないし。こっちで原稿をチェックするなら、ライターはいらないよね。記事がどうであれ、ページが埋まればいいってわけ。そもそも本人不在で取材って何なんだろう。架空の人、ゴースト洋裁屋さんだね。実体がない、ネットに事実を書いているとも限らない・・・」と。
古布リメイクを始めてから、色んなことがあったなぁと回顧しつつ、古布を片付け始めました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック